Special Program

「大コレクション 
パンドラの箱が開いた!

Special
●会期:
【第1期】平成29年7月11日(火)~8月6日(日)
【第2期】平成29年8月11日(金)~9月10日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※ただし、7月11日(火)は午後6時まで開館
●休館日:
毎週月曜日(7月17日、8月14日は開館)、7月18日
●観覧料:
一般800(600)円
高校・大学生500(400)円(中学生以下は無料)
※( )は20名以上の団体料金
※団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
●会場:
東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
Share
東京藝術大学は今年、創立130周年を迎えます。これを記念し、大規模なコレクション展を開催します。
東京美術学校開設以来、積み重ねられてきた本学のコレクションは、国宝・重要文化財を含む日本美術の名品ばかりではなく、美術教育のための参考品として集められた、現在では希少性の高い品々や、歴代の教員および学生たちが遺した美術学校ならではの作品が多くあることが特徴となっています。
本展では、多様なテーマを設けて、すでに知られた名品だけでなく、これまで日の目を見ることの少なかった卒業制作などの作品、模写、石膏像や写真・資料類にもスポットをあてることによって、藝大コレクションの豊富さ、多様さ、奥深さをご紹介します。また、近年の研究成果を展示に反映させ、コレクションに新たな命を吹き込まれていくさまもご覧いただきます。
いったい何が飛び出すか、予測不可能な藝「大」コレクション展。どうぞご期待ください。

◆イベント概要

本展覧会の関連イベントとしてシンポジウム等を開催します。
(1)シンポジウム「藝大コレクションと美術教育」
 日時:平成29年7月11日(火) 18:00~19:30(開場17:30)
 会場:東京藝術大学美術学部中央棟1階、第1講義室
 参加方法:直接会場へお越しください。(事前申込不要、先着180名)
 パネリスト:保科豊巳(本学理事)、日比野克彦(本学美術学部長)、
 秋元雄史(本学大学美術館館長)、千住博(日本画家)、古田亮(本学大学美術館准教授)
(2)パンドラトーク
本学教員を中心とした多彩なゲストが、作品を解説・紹介します。

1)7月14日(金)北郷悟(本学美術学部彫刻科教授)「ラグーザの彫刻作品について」

2)7月22日(土)O JUN(本学美術学部絵画科教授)「私の自画像」

3)8月26日(土)木島隆康(本学大学院美術研究科教授)「油絵の修復」

4)9月 2日(土)小山登美夫(ギャラリスト・明治大学国際日本学部特任准教授)「ギャラリストからみた藝大生」

5)9月 9日(土)佐藤道信(本学美術学部芸術学科教授)「藝大の130年」

6)9月10日(日)桂英史(本学大学院映像研究科教授)「映像作品の現在」

 集合場所:東京藝術大学大学美術館地下2階 展示室2
 開始時間:各回とも14:00(開場13:30)
 所要時間:1)~3)は約45分 4)~6)は約90分
 参加方法:直接地下2階展示室2へお越しください。(事前申込不要、先着100名)
 ※ただし当日の観覧券が必要です。
 ★各テーマ、所要時間は変更になる可能性がございます。
(3)スペシャル・トーク 山口 晃×古田 亮 「ヘンな東京藝大」
 日時:平成29年8月19日(土) 14:00~16:00(開場13:30)
 会場:東京藝術大学美術学部中央棟1階、第1講義室
 参加方法:当日13:00より、第1講義室前の受付にて整理券を配付します。先着170名
 ※ただし、本展の観覧券(半券可)が必要です。
※各イベントともご参加には当日の鑑賞券が必要です。
※各イベントの詳細、参加方法については、http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2017/collection17/collection17_ja.htmをご覧ください。

Other Special Program

皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト
2017.10.28(土)~11.26(日)
およそ100年前。大正から昭和最初期の頃に、皇室の方々の御成婚や御即位などの御祝いのために、当代選りすぐりの美術工芸家たちが技術の粋を尽くして献上品を...
「東京藝術大学若手芸術家支援基金」チャリティー・オークション展
2017.11.10(金)~13日(月)
東京藝術大学の卒業生、教員である芸術家110名が若手芸術家支援のためチャリティー・オークションに出品。入札オークションはどなたでも参加可能です。
五大陸 アーツサミット
2018.1.9日(火)
21世紀の芸術大学はどこへ向かうのか?
本学130周年を機に開催される「五大陸アーツサミット」...
シアター・シンポジウム ~光のパイプオルガンを~ 新しい時代への提言
2017.6.10(土)
“飛翔するヴァイオリン”諏訪内晶子。“シンプルで壮大な太鼓”林英哲。“疾走無限のジャズ”MALTA。“極める作家”夢枕獏。 そして“銀河物理学”吉井譲。...
東京藝大フィルハーモニア管弦楽団・日本チリ国交樹立120周年記念公演
2017.6.20(火)~30(金)
2017年日本・チリ国交樹立120周年を記念し、チリ政府大統領府、サンチャゴ市立劇場、チリ大学、チリ日本人会、チリ商工会議所の呼びかけにより、総勢80名...
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!
2017.7.11(火)~8.6(日)/8.11(金)~9.10(日)
毎年開催の「東京藝大コレクション展」を130周年を記念した特別展として開催。大学美術館所蔵の名品をはじめ、様々なテーマ設定のもと初公開作品も広く紹介。...
「戦没学生のメッセージ~戦時下の東京音楽学校・東京美術学校」
2017.7.30(日)
東京藝術大学が130周年を迎えるのを機会に、今まであまり光が当てられてこなかった戦時下の芸術、特に戦没学生の作品に焦点を当てる。...
シルクロード特別企画展「素心伝心 クローン文化財 失われた刻の再生」
2017.9.23(土)~10.26(木)
バーミヤンからシルクロードを経て、その終着地である奈良法隆寺に至るまでの「壁画の道」をたどる特別企画展。本学の持つ特許技術を駆使し、原寸大に復元した各国...
藝大茶会「それゆえに」
2017.10.7(土)、8(日)、14(土)、21(日)、
東京藝術大学の前身である東京美術学校第2代校長 岡倉天心による『茶の本』(1906年)は、日本の茶の心を伝える名著として今もなお読みつがれています。...